ドクターブログ ~口臭の原因は?

こんにちは! 歯科医師の渡邊です。
今日は口臭のお話です。

皆さん、口臭気になりますよね。その口臭の原因には次の4つが考えられます。

1. 口腔(口の中)が原因
2. 全身の病気が原因
3. 食餌性の口臭
4. 生理的口臭が原因

それでは、1.口腔(口の中)が原因の場合よりご説明いたします。

1. 口腔(口の中)が原因

  口腔で一番考えられるのは歯周病です。
過去の研究で歯周病と口臭の間には高い相関性があることが知られています。
歯周病の特徴は歯周ポケットができることです。 そこは口の中の細菌の格好の住みかをです。
細菌の中でも嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。
これが口臭のもとになるんです。

では歯周病のチェックをしてみましょう。

お口の中をチェック!!
1.歯ぐきからよく出血する。
2.歯ぐきがよく腫れる。
3.口の中がネバネバする。
4.グラグラした歯がある。
5.歯と歯の間に食べ物がよくはさまる。
6.穴のあいた歯がある。
7.歯の表面を舌でさわるとザラザラしている。
8.義歯、ブリッジ、冠などが、入っている。
9.舌を磨いたことがない。
10.口の中がパサパサしている。

1.2.3.4.5.に当てはまる方・・・
歯周病が原因です。歯周病により、口腔内細菌により分解され、発生した物質が悪臭を放つのです。

6に当てはまる方・・・
虫歯で空洞ができて、食べ物が入り食べ物が腐敗して、悪臭を放っています。

7.8.9に当てはまる方・・・
歯磨き不良により、歯垢や食物残渣によるもの。

10に当てはまる
唾液が少ないのも原因です。(口腔乾燥症)

次に、2. 全身の病気が原因の場合です。

2. 全身の病気が原因

次の表に示すような臭いが感じられることがあります。
kagami_07_08

3. 食餌性の口臭

ニンニク、ニラ、ネギ、たくあんなど臭いの強いものを食べたり、アルコールや喫煙によりいったん体内に取り込まれた臭いの元になる成分が胃の中で消化され血液を介して全身に循環し肺を経由して吐き出される。
お口をきれいにしても臭うことがある。

4. 生理的口臭が原因

朝起床時や空腹時に臭うことがある。女性の場合生理時やその前後ホルモンバランスの不調により口臭を感じるときがある。

上記の3・4は、通常そのような臭いは時間の経過と共に減少していきます。
このように、生理的口臭には日内変動がみられますが、ゼロ(無臭)になるということはありません。 私たち人間は生きている限り、毎日食事をし、口の中ではさまざまな代謝が行われているので、無臭でいることはありえません。
ですから、あまり神経質になる必要はなく、他人を不快にさせるような強いにおいがでないように気をつければいいのです。

問題となるのは、病気によって発生する口臭です。

口の中の病気、鼻のどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気などが口臭と関連していると考えられていますが、口の中の原因が口臭全体の90%以上を占めています。