ドクターブログ ~ 誤嚥性肺炎

こんにちは!歯科医師の山田です。
朝晩の冷え込みが日に日に強くなり、紅葉が楽しみな季節になりましたね。

今回は「誤嚥性肺炎」についてのお話です。

まず、「誤嚥」とは何なのでしょうか?
食べ物や飲みものを飲み込む動作を「嚥下(えんげ)」、この動作が正しく働かないことを「嚥下障害」と言います。食べ物や飲み物、胃液などが誤って気管や気管支内に入ることを「誤嚥」と言います。

肺炎は日本人の死亡原因の第4位で、肺炎で死亡する人の94%は75歳以上であり、90歳以上では死亡原因の2位に順位があがります。「誤嚥性肺炎」は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。再発を繰り返す特徴があり、それにより耐性菌が発生し、抗菌薬治療に抵抗性を持つことがあります。そのため優れた抗菌薬治療が開発されている現在でも治療困難なことが多く、高齢者の死亡原因となっています。

では、このように恐ろしい「誤嚥性肺炎」をどのように防げばいいのでしょうか?
(1)誤嚥予防の体位保持(食後は2時間程度座位を保つ)
(2)口腔ケア(口の中の雑菌を減らす、嚥下反射を改善させる)
(3)胃瘻増設
など、他にもたくさんの方法が考えられています。

上記の中でも、私達歯科分野での関わりが深いのが「口腔ケア」になります。

次回は「口腔ケア」について詳しくお話したいと思います。