免疫について②

こんにちは〜
歯科衛生士の杉本です。

免疫についての続編です

私達の体の免疫細胞はチームで情報を伝え合い、効率的にウイルスなどを倒しています。

免疫細胞は血液中の白血球の中に存在し、体内に異物を見つけると真っ先に迎え撃つのが[マクロファージ]や[樹状細胞][NK細胞][マスト細胞][好中球]などの自然免疫という第一次防御隊なのです。
異物のパワーが強い時は、[ヘルパーT細胞][キラーT細胞][B細胞]などの獲得免疫といわれる第二次防御隊の出番です。
マクロファージや樹状細胞などが得た情報を元に、異物に合わせた攻撃手段=抗体を作って攻撃していきます。抗体は一度作ると記録され、同じ異物には素早く対応できるようになります。

免疫細胞は全てまとめて白血球と呼ばれています。
血小板や赤血球とともに骨髄で生まれ、全身に送り出され、血管やリンパ管の中を巡回しながら、体のあらゆるところでウイルスなどの異物と戦っています。

お口の中でも同様なのです。

kagami460


鏡歯科医院
熊本県八代市両出1255-5
電話 0120-648-291  0965-52-5110